体の部分でなくて全体をみます

病院に行っても痛みがとれない~という事をよく耳にします。

お話を聞くとその部分だけ赤外線をあてている等の事が多いです。

筋肉はみなとなりあっていてひとつではありません。

どこかがひっぱられるとその近辺の筋肉もねじれながらひっぱられます。

まわりの筋肉のねじれをとりながら体をゆるめていかないとなかなか痛みや違和感はとれません。

例えば長いこと腱鞘炎だった患者さん、拝見してみると右の腰、背中、肩、首、腕、肘、手首までひっぱられてバランスがくずれています。

恒健会治療院では部分でなく全体をみながら施術していきます。安心しておまかせください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です